施工ギャラリー商品ラインナップシックハウス対策「抗菌化工法の家」展示場紹介会社概要

当社施工ギャラリー

トップページ > 当社施工ギャラリー

当社、昭和住宅の施工事例を掲載していきます。 ご感想やご質問も、お気軽にお寄せください。

中間市桜台 O様邸

約30坪の純和風平屋建て住宅。国産の檜や杉の無垢材をふんだんに使う事の出来る、弊社ならではの造り。床には檜や桜、そしてチーク材を採用。部屋ごとでイメージを変えられる。リビングやダイニングの天井は梁を現わしにして杉板を施工。さらに腰壁にも杉の無垢板を使用して健康的で癒しの空間を演出。やはり落ち着いた生活を送るには和風の住宅が適しているかも…。現在、大工外部造作中。

外観。伝統的な純和風住宅。ポーチは銅板。

玄関よりホールを見る。檜の床と杉板の腰壁が癒しの空間を演出。杉板は節の無い素材。

LDKと続き間の和室。床はサクラの無垢板。杉の腰壁。手前の蓋は掘りごたつ。

天井の梁を現しにしたリビング。梁の間も杉板。

和室の間仕切りの建具。施主様からのご希望で、お持ちの版画の絵を襖に貼り付け。注文住宅ならでは。

建物の裏側。やはり和風住宅は日本式の庭園が映える。

(2013/06/12)

遠賀郡芦屋町花美坂 M様邸

約32坪の洋風平屋建て住宅。3LDK。冷暖房効果を高める「遮熱断熱の家」+太陽光発電を搭載した「SORATO」。リビングの梁を現わしにした勾配天井が開放感を演出。その天井を利用して、玄関の上に配置したロフトに入れる設計。大容量のシューズクロークやウォークインクローゼットで収納も充実。床はサクラの無垢材を採用して健康にも配慮。ペットの為に予定しているキャットウォークも楽しそう。

外観。モノトーンのデザインでお洒落。将来のことを考えてスロープに。

リビングにキャットウォーク。ペットが気に入るか作成時は心配したが、現在大喜びで上がったり下りたりしているそう。

ロフトを見上げる。プレカットでは出来ない大きな丸太を使用。御主人のご希望。

リビングと続き間の和室。シックなカラーのクロスを採用。

造作の洗面台。タイルの貼り分けは奥様のご希望。洗面ボールも気にいったものを持ち込みにて。

ペットの入り口を付けたトイレの引き戸。くぐり戸も持ち込みされオーダーにて対応。

(2013/05/12)

京都郡みやこ町 N様邸

3LDKの洋風住宅。屋根勾配を少し上げて可愛い外観をご希望。奥様の趣味のネイルアートをする八角形のスペースが、外観のアクセントになっている。サッシの周りに一部額縁を付けることで、西欧風に。洗面台も、モザイクタイルを用いて造作。調理機器には、家族の健康と光熱費の削減を考えて、ラジエントヒーターを採用。

外観。急勾配の屋根に、八角形のデザインがアクセントになっている。モノホワイトの外壁に、屋根、玄関ドア、樋、窓周りにグリーンを使って、可愛らしく演出。

玄関ドアを開ける。正面にニッチを造作。

メインのドアからLDKを見る。照明もデコラティブなものを選択。壁のブラケット灯も統一され可愛い。

奥様の一番のお気に入りの造作洗面。パープルのラインが映えるモザイクタイル貼り。ゴールドの水栓金具が輝く。

トイレの小物もゴールドでこだわりを。便器カラーや壁紙はピンク系。

2階から階段を見る。ホワイトの手すりも、金具をブラックにすることで新鮮な印象。

(2013/04/07)

行橋市大字二塚 T様邸

3LDK+タタミコーナーの洋風住宅。冷暖房効率を考えた「遮熱断熱の家」。さらに、太陽光パネルを搭載した家「SORATO」をミックス。リビングやダイニングから気配のわかる中二階のタタミコーナーが、家族の生活の中心になるプラン。吹き抜けのアクリルパネルの開放感や、キッチンの造り付けの食器棚にこだわりを感じる。シューズクロークや、クロゼットも多くて収納も充実。美容師の仕事をしておられる奥様のこだわりやセンスが光る。

外観。太陽光発電を効率よく出来るように、南側に大きな片流れの屋根面を取ったデザイン。外壁をモノトーンで貼り分けて、シンプルモダンの印象に。2階を控えて載せているので大きく見える。アプローチ部分もシンプルで飽きがこない。スクエアの小窓がアクセントになっている。

リビングからキッチンを見る。アルミのパーティションを採用してオリジナルで食器棚を造作。レンジや炊飯器等の電化製品も収納できるようにして、閉めるとスッキリ。ペンダントのガラス製の照明が綺麗。

ダイニングから中2階のタタミコーナー。リビング、キッチンからも覗ける設計で、家族の気配を常に感じられる。左にはクロスを貼り分けてTVスペースとし、間接照明で演出している。下部はフリースペースに。

タタミコーナー。カウンターを設けてパソコンスペース。その後、子供が成長したら勉強コーナーに。市松模様の畳が施主のセンスを伺わせ、かわいい。

2階の廊下からタタミコーナーを見る。分かりにくいが、廊下の壁は透明のアクリルパネルでなかなかの開放感。上部は吹き抜けになっていて、映っていないがシーリングファンを設置している。遮熱フィルムを施工しているので、一年を通して冷暖房効果にも期待。

迷った上で決めた洗面の貼り分けクロスの柄。こんな風に、どこかに遊び心があっても楽しくてよい。

(2013/03/07)

八幡西区浅川台 Y様邸

約32坪の洋風平屋建て住宅。3LDK。玄関には大容量のシューズクローク。和室は琉球畳で、周囲に檜の床板を貼りモダンに。キッチンの後ろの造り付けの食器棚をオリジナルで製作したので、奥様の使い勝手にピッタリ。ウォークインクローゼット内にも小屋裏への梯子を設けて、収納力を確保。リビングの掃き出しサッシの前のウッドデッキ、装飾の壁はコンセプトハウスを参考にプランニング。床には、一番人気のサクラの無垢材を使用。

外観。モダンデザインのシンプルなデザイン。玄関横のウッドデッキと装飾の壁で囲まれた空間が、ゆとりと高級感を醸し出している。今後の生活を考えて、玄関は引き戸に。エクステリアの工事は、これから御主人がゆっくりと計画。

玄関ホール。壁紙を貼り分けた大きめの飾り棚が、家族やゲストを迎える。シューズクロークが右手にあるので下駄箱がなく、玄関もホールもすっきりとして広々。

リビングからキッチンを見る。奥にあるのは、現場で高さや幅や引き出しの仕様等全てをオリジナルで造った、オーダーメイドの造り付け収納。コストはかかるが持ち込みの食器棚等より、無駄な隙間が無く、自分の生活スタイル通りに設計できるので、家事ストレスが少ない。右手には、これまたオリジナルの電話台を造作。既製品の建具の素材を取り寄せ、あたかも同じ建具のように特注で製作。

オリジナルの食器棚内部。家電から発生する蒸気や、蓋が上に付いている炊飯器等を考慮した引出し型のスペースが、相当便利。棚もダボレールを付けて可動式に。

リビングダイニングの仕切り。アルミ製の建具で天井まで高く、しかも軽くて、木製と違いひねり等がない。デザインも濃茶の木格子柄でコーディネートされている。

トイレの手洗いカウンター。手洗いボールを陶器製で選択してカウンターに沈ませるパターン。今回、造作で収納も設置。扉の素材も他の建具材と同じものでコーディネート。トイレに入っても違和感がない。

(2012/11/30)

八幡西区永犬丸東町 K様邸

4LDK洋風住宅、約36坪。約1年前より土地探しからお手伝い。なかなかご希望の物件がなくて、今回の場所が一般の情報に出る前に御紹介。1階の洋室は、後々お母様が御一緒に住めるように準備。トイレとの間にクローゼットを配置して防音対策。引き戸を多用して高齢化対策も取り入れたプラン。リビング階段で、キッチンの前には、子供が勉強したり、パソコンを使えるように長めのカウンターを設置。床はサクラの無垢材、居間の天井は梁見せで、腰壁には一部杉の無垢板を施工。

すっきりしたシンプルモダンな外観。縦ラインのグレー系と横模様のホワイトの外壁材、そして玄関部分には明るいブラウンの木目調でコーディネート。変形した三角形の土地でも、違和感なくプランニング出来ている。スクエアの窓がアクセントになっている。

ダイニング側よりリビングを見る。天井は梁を現わしにして開放感を出している。建具の濃い茶色に合わせて梁も塗装。ドアの上には、施主様支給のガラスブロックを2ヶ所はめ込み。ちなみに他の居室にも何枚か使用。ドアの向こうが玄関ホール。

リビングよりダイニングを見る。キッチンの前に横長の窓を配して、その下にカウンターを設置。2段にしているので、机感覚で利用できる。手前の杉の腰壁は、テレビを置く面だけの細工。これだけでもリビングの室内環境は変わる。

居間からのリビング階段。デッドスペースを利用した電話台も、現場途中で大工さんに相談して施工。途中の変更も内容次第では柔軟に対応できる。階段昇り口には、ニッチも見える。

2階の階段ホールにはシーリングファン付きの照明を設置。対流させて少しでも冷暖房効率を上げるのが目的。ドアの上にはガラスブロック。

1階のトイレ。正面に棚を2段設置して収納面を考慮。見えにくいが、右側の壁は壁紙を貼り分けている。ホールの飾り棚も見える。

(2012/10/07)

若松区上原町 S様邸

約42坪の4LDK+ロフト+S。インナーガレージ、中2階のある注文住宅ならではのオリジナルなプランで完成が楽しみ。外観はプランが複雑なため、込み入った屋根形状だが、かえってそれが斬新な印象を与えて見栄えが良い。冷暖房効率を考えた「遮熱断熱の家」を採用。小上がりの和室や2階のLDK、勾配天井の吹抜け等こだわり満載。床は桧とサクラの無垢の床材を使い分け。

外観。あえて濃い外壁材を使う事で重厚感のある外観に。インナーガレージと、洗面所・浴室がある中2階が変化のあるデザイン。正面の木製の格子やスクエアの6つの窓等が、アクセントになっている。建物に近づいていくにつれ、インパクトが増す。実は見えないが、裏の外壁材は明るい色なので、遠目に見ると貼り分けがわかる。

2階にあるメインのリビング。梁見せの天井にダウンライトがお洒落。モダン和風のテイストが随所に見える。左側の和室は小上がり。正面の壁もクロスを貼り分け。右側のバルコニーからの眺望が素晴らしい。2階リビングにしたひとつの理由。

リビングに繋がった和室。こちらも梁見せのダウンライト。コンセプトハウスを参考。黒の畳に壁のクロスもデザイン性のあるもので貼り分けられ、お施主様のセンスが光る。右側の入り口を出ると、1階の階段へ続く。

リビングよりキッチンを見る。対面だがキッチンのフードをサイドにすることで開放感アップ。床はサクラの無垢板。真ん中の階段はロフトへ。

3階の感がするロフト。カウンターを設けて御主人や息子さんの趣味の部屋として。遮熱工法を採用しているので、夏場でもそんなに暑くない。

玄関ホールの坪庭の間接照明。白玉石を敷いて、夜、灯りをともすと料亭風な雰囲気に。モダン和風によく似合う。

(2012/09/21)

八幡西区大平 N様邸

約34坪の洋風住宅。4LDK。御主人が弊社コンセプトハウスを気に入られて、外観をほぼそっくりに。床もリビングに使っていた、浮彫りのパインの無垢材を採用。玄関のシューズクロークやキッチンのパントリー等、収納も充実。今回の計画を機に、土地の擁壁も造り変えることにして土地の有効面積も増加。

外観。外壁の色をホワイトとブラックの組合せにすることでモダンな雰囲気に。手前の装飾の壁はコンセプトハウスを参考。土地も角地なので、よりデザインが映える。玄関のポーチ部分をブラックでまとめることで、引き締まって見える。

玄関ホール。右手には大きなシューズクローク。床はパインの浮彫り無垢材。正面のカウンターは、熱帯魚の水槽を置くためのもの。

ダイニングを見る。窓下にカウンターを設けて、その下を杉の無垢板貼りに。これもコンセプトハウスを参考。つま先が当たっても、クロスと違って傷みが少ない。キッチン側の壁のみクロスを貼り分けている。

リビングと和室は連続した空間のプラン。右手は階段へ。2枚の引き込みにすることで、開口が大きく取れるので大変明るい。

キッチン。奥様のご要望で、対面キッチンであるが、手元が見えないように高めに壁を造作。ヤマハの鏡面調の赤い扉をご選択。後ろは洗面所。

寝室の壁のクロス貼り分け。2階の床は、寝室、子供室共にカラーを変更。主寝室はブラックの床で、落ち着いた印象に。貼り分けたクロスとコーディネート。

(2012/08/15)

八幡西区上の原 I様邸

太陽光発電の家「SORATO」+「遮熱断熱の家」。約38坪の6LDK。さらに、2階には廊下から上がるロフトがあり、空間を最大限活用したプラン。居間の天井は梁を現わしにして、床には琉球畳というこだわりの仕様。ラジエントヒーターも料理教室に参加され採用決定。居間の天井は梁を現わしにして、天井高を確保し開放感を演出。ペットのトイレスペースやドアにも専用の出入り口を設けるなど、随所にこだわり満載。

外観。太陽光を付けやすくするため、南面に大きな片流れの屋根をプランニング。玄関のポーチと外壁のサイディングの貼り分けが、個性的なデザイン。外構との色合いも良い。

玄関ホール。右側には大容量のシューズクローク。コーナーには邪魔にならないように丸みを施した飾り棚を設置。コンセプトハウスと同じように、床から天井までのテスリも施工。

和室から居間、食堂を見る。居間の梁を現わしにした天井。木部はブラウンに塗装。床には琉球畳が敷いてある。右側のドアは玄関ホールへつながる。

居間から和室方向。つながって使える和室は、居間の延長として大変便利。仏間と押入を設置。右側の建具は、リビング階段への引き戸。

2階のロフト。約3畳くらいの広さがある。遮熱シートを屋根に施工しているので過ごしやすい。雲の模様のクロスを子どもたちと決定。ダウンライトにして極力広く。

2階のトイレ。主に使用するのが2階ということで、TOTOのタンクレスのハイブリッドネオレストを採用。手洗いやテスリ、専用ミラーも設置して使いやすく。

(2012/07/24)

直方市神正町 I様邸

約54坪の二世帯型洋風住宅。2階にLDK、洗面所、トイレがある。細長い土地に必要な間取りを取り入れた、注文住宅ならではの設計。道路側の全開放窓や、南側の掃き出し窓を1,2階とも多用することで、相当明るい空間に。2階のDKは梁見せの空間や、スキップフロア、長めのカウンターを造作して変化のある面白いスペースをご希望、カフェバーのようなスペースに。カウンターに座って細長の窓から遠く福智山が見える。

外観。大きな片屋根のデザインがダイナミック。玄関ポーチのモダンさはコンセプトハウスを参考に。スクエアの照明や窓の位置も微妙に変えるこだわり。バルコニーも2ヶ所あり、細長い土地ながら通風、採光を確保。ワイドオープンの窓の前をこれから造られるBBQスペースが楽しみ。

2階のLDK。黒に塗装した梁と貼り分けした壁紙、白い床と白の壁紙のコントラストが一般住宅にはない雰囲気。購入されたチェアーもお洒落で施主様のセンスの良さがうかがえる。右のFIX+縦のスリット窓より広大な福智山が見える。

リビング側からダイニングを見る。リビングは杉の腰壁等を用いて木の温かみのある空間に。スキップフロアにすることで両方のスペースを区分けしている。左のカウンターは、工事途中で小物置きのスペースを追加造作した物。

キッチン側からダイニング方向。左のアルミのパーティションの中に、冷蔵庫とパントリーがある。フルオープンのキッチンも、リビングの方向を見るように斜めに設置。

和室。1階のリビングの横に併設。床の間、仏間のある造り。正面のエンジ色の壁と床柱等の色合いが、統一感があってよろしい。

子供部屋の机の上の可動棚。コンセプトハウスのファミリースペースに造っていた同じ可動棚を参考に。自由な飾りつけが子供の想像力を養う。

(2012/06/28)